読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHRO|最高人事責任者の流儀

すべての組織にCHROを。最高の組織を創る方法

鎌倉周辺のオススメスポットを教えて!

突然ですが、明日、妻と鎌倉にドライブデートに出掛けようと思ってます。

 

f:id:yuzo0201:20150814131833j:plain


 
鎌倉と言えば、、、鶴岡八幡宮、由比ケ浜海岸、あとは、、、。。。
 
他にもあるよね。
 
鎌倉事情にあまり詳しくないので、自分でも調べますが、鎌倉好きの方の「ここはオススメだよ!」という場所があればぜひ教えて下さい。

【グランドプリンスホテル新高輪】8/16 日本初!ホテルに映し出すプロジェクションマッピング花火大会

8/14〜16に品川で開催される「高輪夏祭り2015」内のイベントとして、「プロジェクションマッピング高輪花火大会」が8/16に開催されます。

 

プロジェクションマッピングが全室バルコニーがあるグランドプリンスホテル新高輪の壁面を活かして投影し、同ホテル国際館パミール前にてご覧いただけます。

 

2020年に向けて再開発が進む品川駅前にある高輪エリアの3つのプリンスホテル内にプリンスホテル×NAKEDコラボで新たな夏のイベントが誕生

f:id:yuzo0201:20150814002623j:plain

 

7月10日に、音、光、生きものたちが融合した「エプソン アクアパーク品川」がグランドオープンし、2020年東京オリンピックに向けて注目が集まる高輪・品川エリア。高輪エリアの3つのプリンスホテルが主催する夏祭り「高輪 夏祭り2015」にて、同エリアの新イベントの開催が決定しました。夏の風物詩である花火と都会の夜景をテーマに、村松亮太郎率いるクリエイティブチームNAKED Inc.演出の花火のアートワーク「FIREWORKS by NAKED」がプロジェクションマッピング技術を使って披露されます。

 

本イベントを含む「高輪 夏祭り」は今後も規模を拡大し、高輪・品川の街の恒例夏イベントとして開催予定です。

f:id:yuzo0201:20150814002638j:plain

 

プロジェクションマッピング高輪花火大会」開催概要

・実施日:2015年8月16日(日)
・タイムスケジュール:19時30分より20時まで、10分間隔で上映(上映時間:約3分30秒)
・実施場所:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
・入場料:無料


高輪夏祭りとは

縁日や浴衣の着付け体験・納涼落語など日本文化に触れながら、さまざまな世代の方にお楽しみいただける夏まつりです。

・実施日:2015年8月14日(金)~16日(日)
・場所:ザ・プリンスホテル さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪内の日本庭園
・時間:15:00~21:00(16日は20:00まで)
・入場料:無料
・お客様からのお問い合わせ:TEL 03-3447-1111

近所の公園の向日葵で夏を感じよう

今年の夏は妻が妊娠をしていて、長距離+混雑している場所への旅行は控えているので、基本的には自宅でゆったりと時間を過ごしたいと思っています。

 

ただ、引きこもっていると元気も出ないので、日差しが弱くなった夕方過ぎに近所の公園(芦花公園)まで散歩に行きました。

 


公園に入るとすぐの場所にこんな光景が広がっていました!

 

f:id:yuzo0201:20150813162939j:plain

 

f:id:yuzo0201:20150813162742j:plain

先日に散歩に来た時は、まだ土しかなかった場所に、気持ちがいいほどに咲いた向日葵が広がっていました。

 

青空と向日葵は夏気分を感じるのにピッタリですね。
なぜか自然に笑顔となります(笑)

 

夏なので海でも山でも気持ちがいいですが、意外と近所のこうした場所でも夏気分を感じられることを知れて、気まぐれで出掛けた散歩も悪くないな、と感じました。

 

明日までは大気が不安定で雨が降りやすい天気が続くそうなので、旅行中の方はくれぐれもお気を付け下さいね!

【帝国ホテル】一日の締めくくりのひとときにミッドナイトハイティーはいかがですか|インペリアルラウンジ アクア

帝国ホテル17階「インペリアルラウンジ アクア」では、夏の間限定で、一日のクロージング(締めくくり)のひとときをゆったりと楽しめる大人のミッドナイトハイティーを提供しています。

 

f:id:yuzo0201:20150811230325j:plain

 

帝国ホテル特製のシャリアピンパイやカレーといった満足感のあるメニューの他、お酒とも相性の良い、ショコラティエ 市川幸雄によるビターテイストのチョコレートなども取り揃えました。お飲み物のコーヒーまたは紅茶は、別料金にてビールなどのアルコール類にも変更できます。

 

f:id:yuzo0201:20150811230336j:plain

 

仕事の疲れを癒すゆったりとしたひとときや、大切な方との語らいのシーンなどにご利用ください。

 

ミッドナイトハイティー


■場所

帝国ホテル 本館17階「インペリアルラウンジ アクア」


■期間

7月1日〜8月31日


■時間

18:00〜24:00(ラストオーダー)
※平日前の休日は22時がラストオーダーとなります。


■料金

2名様 7,800円

※お料理・お飲物(コーヒーまたは紅茶)
消費税込み、サービス料・カバーチャージ(1,080円)別


■メニュー

チキンカレー
野菜のピクルス
シャリアピンパイ
タラバガニと野菜のマヨネーズ和え
パールオニオン、コルニッション、グリーンオリーブ
チョコレート
ナッツ
カカオニブ

人の悪口を言っても何の意味もない

世の中には人の悪口を言う人がたくさんいます。
 
自分は善かれと思ってやっていることが多い。
 
誰を悪く言うことで、その場の雰囲気を盛り上げていると思い込んでいることもある。
 
悪口のほとんどは当事者に対して言われることはなく、裏でコソコソと言い合っている。
 
 
言われている本人はその時点では分からないことでしょう。
 
でも、ネガティブな力はポジティブな力の10倍の力を持っています。時が来ると、その言葉が本人の耳にも入るようになります。

 

f:id:yuzo0201:20150809231335j:plain


 
今までの人生で悪口を言ったことがあるという方に聞いてみたいのです。
 
「悪口を言うことで何か意味ありましたか?」
 
悪口を聞かされている方も気持ちいいものではありません。むしろ嫌な気持ちになります。その場を雰囲気に合わせるために笑うこともあるでしょう。
 
ただ、これまでの経験で、悪口を言っている人の周りからは、自然と人が去っていきます。いい雰囲気を持っている人のところに人が集まり、嫌な雰囲気を持っている人のところからは人が去っていきます。
 

悪口に対するスタンス


悪口は言わない。
 
悪口は聞かない。
 
悪口を言う人をたしなめる。
 
悪口を言い続ける人から去る。
 
 
お酒の席で悪口がメインテーマになったら、たとえ30分程度の在席であっても、お金を置いて遠慮なくその場から去ります。
 
これが私の悪口に対するスタンスでありポリシーです。限りある人生の貴重な時間は、有意義なことに使いたいものですね。

感度を高める行動をしよう

f:id:yuzo0201:20150808191410j:image

何かの物事に向き合う時、

人と会って話をする時、

「この人はいつも新しい発想や気づきをくれる人だな」と感じる人がいます。

そういう人たちに共通することがあります。

それは、常日頃から「感度を高める行動を無意識のレベルでやっている」ということです。


感度を高めるためにいろんなところに出掛けたり、人と会って話をしたり、本を読んだり、映画を見たり、アクティブに行動しています。

ポイントは単に行動する回数を増やすのではなくて、行動することで「自分自身の心を動かされる体験」をしているということです。


感度を高めていると、日常のふとしたきっかけや体験からいろんな気づきを得られることが増えていきます。

そういう状態になると、事象から学べることの量も質もかなり変わってくるはずです。


最初は無意識にはできないと思うので、まずは意識して何かのイベントに出掛けたり、友人と食事に行って今の話題だけでなく、これから先の将来の話をしたり、映画を見たり、本を読んだりしながら、心を動かす体験をしてみることをオススメします。(個人的には人と会って話をすることが一番効果があると思います)

感度が高い生活をしている人には自然とステキな人との出会いがやってくるし、素晴らしい体験をする機会も増えてくると思います。


「分かっていること」と「出来ること」には大きな違いがある

これまで何度も取り組んできた「人と組織の課題」。

 

今回新たに課題として考えて下さい、と出されたものがあったので、真剣に取り組んでみました。

 


事前に課題を聞いた時点で、私の中では「分かっていること」だと感じていました。なので、すぐに課題を解決できると思い込んでいました。

 

f:id:yuzo0201:20150808004019j:plain

 

紙に書き出します。

 

1 現状の洗い出し(事実のみ)

 

2 課題分析

 

3 解決策の仮説立案

 

4 優先順位付け


スラスラとは書き出せたのですが、いざ書いてみると、いろんな気づきや発見があったりして、新たな結論を導き出すことができました。

 


これはおそらく最初の「分かっていること」というレベルのままだと行き着かなかった結論だと思います。

 

紙に書くことでその世界に気づくことができました。

 


意外とこういう「分かっている」と思っていることでも、実際には全く異なる「出来ること」というのはあるのかもしれないですね。

 

改めて課題に向き合う大切さを学びました。